アドメテック - 熱による(高温ハイパーサーミア)がん治療の研究と開発

お問い合わせ電話番号 089-989-5917

一般のみなさまへ

ハイパーサーミアについて(一般のみなさまへ)

がんの話

そもそも「がん」とは、いったいどのようなものでしょうか。

私たちの体内の細胞は、約60兆個あるといわれています。それぞれの細胞はそれぞれの役割を持ち、生体の制御のもとに機能を果たしています。ところが体内で正常な状態を保つように制御されるはずの細胞が、さまざまな要因によって、制御をはずれ、異常を起こし自己増殖することがあります。
そのような細胞を腫瘍細胞といい、なかでも悪性のものが「がん」とよばれます。
良性のものは増殖が遅く、その場所だけで大きくなり、他の組織にまで広がっていくことはないので、完全に切除すれば再発はほとんどありません。

しかし悪性の腫瘍細胞は、勝手にどんどん増え続け、周囲へ広がり、正常な組織が得ようとしている栄養を奪ってしまったりするのです。
下の図は、組織診(皮膚細胞の断面図)です。

正常な組織診

正常な組織診

正常な組織診では、細胞が規則正しくならんでいる(活動している)様子が分かります。このように、細胞はそれぞれのルールに従って役割を担っています。

異常を起こしている組織診

異常を起こしている組織診

異常を起こしている細胞です。
まるで、正常な細胞に逆らうように、ルールを乱し異変を起こしています。 このような状態を異形成といいます。

がん治療の課題

できればがんが大きくなる前に、早期発見し早期治療をすることが大切です。
しかし残念ながら、体内で起こっている細胞変化になかなか気づくことができないケースもあります。進行してしまったがん治療においては、
 1.治療効果を最大限に得ること
 2.体への負担を最小限におさえること
この二つがポイントになります。

がんの治療方法と課題

「がん」の治療方法は、まず「外科治療(手術)」、「放射線治療」、「化学療法(抗がん剤)」があります。いずれも体への負担は小さくありません。また「がん」は、細胞組織の生命力が強く、再発したり転移したりする性質があるため、これらの治療を何度も繰り返し行わなければならないこともあります。一方で、再発・転移したがんでは、もはや進行を止めることができない場合が多く、患者様の精神面などにも、大きなダメージを与えてしまいます。

アドメテックが注目した「熱」によるがん治療について